ページトップへ

ブログ

  • スタッフブログスタッフブログ
  • 所沢市 注文住宅 外装下地検査を行いました。

  • 2017/04/17(月) スタッフブログ

こんにちは。工事部の斎木です。

先日所沢市のN様邸の外装下地検査を行なってきました。

外壁工事の防水下地に透湿防水シートを貼ります。配線や配管、サッシ等でシートを貫通する所や重ねる所は雨水の侵入しやすい所ですので防水テープでふさぎます。

換気のダクトには専用の部材を使いテープを貼ります。

配線や配管など小さい貫通ヶ所ではテープを重ね貼りして隙間をふさぎます。

ベランダの防水はFRP防水になります。サッシ下の立ち上がり寸法が120mm以上になっている事も寸法確認しました。

一通り貫通部分、開口部分を点検し、全体としてシートを留めているタッカーの穴もふさぐテープ貼りも行なっている所まで検査しました。

これでもしもの時の雨水の侵入も建物本体に影響しない安心安全な建物になります。

 

これから外装の仕上げに入ります。

楽しみにしていて下さい。

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全12ページ中)