ページトップへ

ブログ

こんにちは、工事部の斎木です。

入間市のM様邸で土台敷きを行いました。

これから木工事が始まりますが、その第一歩目の工事になります。

基礎の上に約10cmの木材を乗せアンカーボルトで固定します。1Fの柱はこの上に建てるようになります。

次に床材の下地となる約9cmの大引を間に組み、約90cm間隔に鋼製の束を建てて支えます。
大引はこの束で水平になるように高さを調整しています。

そして格子状になった空間へ断熱材を入れていき、1Fの床下の断熱をとります。

断熱材を入れる前に、床下に配管している給排水の外部からの取出口にある隙間へホウ酸入りのコーキングを打ちました。これはシロアリが隙間から侵入するのを防ぐ為のコーキング材です。土壌処理もしていますが、さらに安全を確保しています。

最後に、床合板を貼って上棟準備完了となります。

建物が建ち上がるまでもう少しです。楽しみにしていて下さい!

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全13ページ中)