ページトップへ

ブログ

  • 柿澤 哲次柿澤 哲次
  • 温熱環境を考えて住空間と健康について

  • 2016/12/07(水) 社長ブログ

家族の幸福の城を創造する、エス・エイチ・スペースの柿澤です。

温熱環境を考えた住空間について、お話ししたいと思います。 住宅における健康と安全の指針を制定したイギリス保健省による冬季の室温指針によると、室温が21度が健康温度であり、16度以下になると健康リスクがあるとされています。 日本の住宅は、冬が寒いのは当たり前とされていますので、寒さが健康に与える影響を認識されないで日本の住宅は、設計建築されてきたお思います。 驚く事実があります。 冬の寒さから引き起こされ易い心疾患、脳血管疾患、呼吸器疾患による死亡率を地域別にみると・・・・・  

なんと、心疾患の1位が四国 2位東海、脳血管疾患の1位中国 2位四国、呼吸器疾患の1位が九州沖縄 2位四国宇 と比較的温暖な地域程順位が高く、どの疾患でも北海道の順位が低い結果となっております。(2012年日本建築学会学術講演会より)  これは、どういう事かというと

実は、寒さの厳しい北海道の住宅では、家の温熱環境を重視しており、多くの住宅が高い断熱性能を有しているのであります。 これにより、室内温度差は少なく、ヒートショックが起こり難いのであります。 一方で温暖地は、気候柄、断熱に力を入れる事が少ない傾向にある為、冬の冷え込み、住居内での温度差が激しいと考えらるのあります。

健康的な、温度を保てる家づくりを目指すなら、温熱環境を考えた住空間を創造する事が大切であるといえます。

当社は、現在ゼロエネルギー住宅の提案に力を注いております。 温熱環境につきましては、コストは安いが断熱の数値はを出す事ができる高性能グラスウールは使用せず、健康と耐久性を考慮した断熱材を提案しております。 性能を上げる事が大切ですが、元来前述のように「健康」の為に断熱を良くするのですからコスト高となっても安心安全な断熱材を使用する事をおすすめします!  当社HPの「現場レポート」に掲載されております「ゼロエネルギー住宅」の施工中の写真を是非ご覧頂きたいと思います! 建築中の現場の見学も随時予約にて承っております。本当に良いものを是非ご覧頂きたいと思います!         感謝   柿澤 哲次

  

 

 

 

温熱環境を考えた住空間について

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全14ページ中)