ページトップへ

ブログ

こんにちは。工事部の斎木です。

東松山市のK様邸で外壁の工事が進んでいます。サイディングのラインを縦に使う所と、横に使う所があり、貼り分け箇所もしっかりチェックします。

外壁を貼る前に、構造の合板の上に雨が入らないようにするシートを施工します。

そのシートを貫通する電気の配線や配管の周りに隙間が出来ない様に防水テープを貼ります。この時に穴があいていると万が一雨がサイディング内に入った時に建物内に侵入してしまいますので細かく点検します。

 

次にサイディングを貼る下地の木材を施工します。
この木の厚さの分が空気の通り道となり、外壁と構造の間に湿気がたまらない様に換気します。
コーキング等が劣化して雨が入る様になっても、すぐには建物内に入らない様に排水出来て防水の役目もあります。

 

そして外壁の仕上げ材のサイディングを施工していきます。
サイディングに直に釘を打たず、金物で押さえる引掛工法で行います。
この方法により建物が地震や風で揺れても板が割れにくく、剥がれる可能性が低くなり安全になります。

このまま貼り終わったらコーキングをして完成です。外壁の工事は、雨漏り防止の為にとても大切で、丁寧な施工が必要です。当社では、この様な品質管理を行い良品質施工に努めています。

・・・もう少し完成までお待ち下さい。

ステキな仕上がりをお楽しみに!!

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全13ページ中)