柿澤 哲次 自己紹介へ

私が思う家づくりのパートナー

2022/02/17(木) 社長ブログ

楽しい住まいを創造するエスエイチスペースの柿澤です。

住まいづくりは、たくさんの話をします。

土地探し、資金計画について、建物の話などなど

何時間あっても、足りないくらいです。

表層的な話だけでは、いつか後悔してしまう事象になり得ると思うのです。

大切な事は、住まいを建てよう!という「希望」と

たくさんの「夢」、そして多くの判断を求められる

土地・資金、建物を決定するシーンにおいては、多くの「迷い」と」「不安」が入り混じると思います。

ですから、本質的な話が、とても重要であると思います。

本質的な話は、時代や環境が変わっても、不変であると思うのです。

住まいづくりにおいて、本質的な話は、大きく2つあると考えます。

 

1つは、「日本で家を建てる」というシーンにおいて、

必ず考えたほうが良い事についての本質的な話です。

例えば、耐震性能、断熱性能、光や風、家事収納、動線を考慮した建物、

住宅ローンの借り入れの仕方(どんな金融商品を選ぶか、住まう土地の環境について等々

「住まいづくり」にとっての絶対的なベースと要素についてのお話です。

 

もう一つは、世界に一つだけの「家族や自身の為の空間づくり」について

ど真剣に、追求した話をする事です。

その為には、設計・施工する私達ビルダー側がご提案し創造する空間が、

1組ごとのご家族にとって、

本当に大切な事 =「そのご家族にとって、幸せと感じる 本質的な住まい」

について、心の底からどれだけ「同感・共感」出来るかでにかかっているかと思うのです。

これは私共が、いかに建主さんに感情移入出来るかであろうかと思うのです。

限りなく、当事者以上に当事者になる。

そうする事で私達は、理想的なパートナーになれると思うのです。

ただし、私たちはプロの立場から、如何に感情移入していても、

プロとしての見識を忘れる事なく、進むべき道の途中で、軌道修正したり、

道標になったりと、「不変的な提案と実践」をする事だと思うのです。 

現在、これから着工する建主様達と、たくさんの話をしています。

直接お会いして、家づくりの話だけでなく、雑談や近況、

仕事や遊びなど一見関係のない話の全てが、本質的な住まいづくりへと

繋がっていくと信じています。  

長丁場になる事も多いですが、とても楽しく、大切な時間です。

これは、大量生産の家づくりでは、絶対にできない事です。

設備や材料は経年と共に劣化します。 

しかし間取りや本質的な暮らしやスタイルで構築した空間が劣化する事はありません。

それどころか、住めば住むほど進化して行きます。

進化というより「深化」ですね。 

徹底した品質管理を建築中に行えば、耐震性能が劣化する事などもあり得ません。

断熱性能だって、しっかり数値計算して良品質施工した住まいの断熱性能が劣化する事など起こり得ません。

「楽しい家」は、住めば住むほど楽しくなります! 

こんな不足と不測の時代だからこそ、2つの本質を分かり合えるパートナーと

共に、家づくりすることが大切であると思います。    

楽しい住まいづくりで、どんなときも「人生が楽しい時間」となるような

そんな住まいづくりを実践して行きたいと思います。

 

感謝

柿澤 哲次

 

 

 

 


☞☞埼玉県西部地区で注文住宅を建てる
SH-Space(エスエイチスペース)
新築、リフォーム、土地探しはお任せください!

 

  

 

 

 

1ページ (全70ページ中)