斎木 寛 自己紹介へ

日高市 注文住宅 外装下地検査

こんにちは、工事部の斎木です。

日高市のA様邸で外装の下地検査を行いました。

 

外部の仕上げ材の下地に透湿シートを使用し建物を保護します。

仕上げのサイディングや継目のコーキングが劣化して隙間から

雨が入っても構造の木部に水がかからないようにする保険にも

なっています。

 

換気扇や電気配線など、どうしても壁を貫通させなければ

いけない所には、既製の防水部材や防水テープを使用して

紙の穴を塞ぎ、少しでも水の入りにくい状態にしておきます。

 

土台の下端には、床下に水がまわり込まないように

水切りを取付けて、建物から離れた位置で水を落とす

ようにもしています。

水切りの下は、床下への換気口にもなっているので

重要な部材です。

 

これで外装の下準備も終わり、仕上げ工事に移ります。

A様、外部の仕上りを楽しみにしていてください。

 

 

 

 


☞☞埼玉県西部地区で注文住宅を建てる
SH-Space(エスエイチスペース)
新築、リフォーム、土地探しはお任せください!

 

  

 

 

 

1ページ (全70ページ中)