スタッフブログ

外壁のメンテナンスについて

柿澤 哲次 自己紹介へ
2019/07/01(月) 社長ブログ

楽しい住まいを創造する、エス・エイチ・スペース の柿沢です。

先日、当社施工の建物ではないのですが、外壁の補修を行わせていただきました。

外壁の種類は大きく分けると2種類あります。

サイディングと塗り壁です。

今回の補修は、築年数約24年くらいのサイディングであります。

サイディングの状況は? というと・・・

なんと、サイディングの目地部分のコーキングが完全に痩せていてパックリ! 開いています!

という事は、雨が侵入してしまう!

そんな状況でした。

新築時には、サイディングの目地部分に必ずコーキングを使用しますが

そのコーキングの下地として、プライマーを塗ります。

しかし、このプライマーをしっかり塗っていない建物が時々あります。

そうなると、当然ですが外壁の劣化が早まります。

昨今、折り込みチラシや道路沿いに外壁リフォームの看板を多く見受けます。

安さを売りにしている業者さんも多いですが・・・

もちろん安い方が良いのは当然です!少しでも負担が減らしたいものです。

しかしコストが安い=施工が雑になっては、本末転倒です。

例えばサイディングを施工する外壁業者が、このプライマーを丁寧に塗らなければ

下の写真のような状態になります。(マスキングテープは、貼ったものです)

びっくりする程、綺麗に剥がれていました。

 

今回は応急処置として、私共にてプライマー塗布の上コーキングを行いました。

これはプライマーです。

そしてコーキングを注入!

応急処置ではありますが、これでひとまずは安心です!

建物を大切にすれば、長持ちします。

建物の維持管理で、外壁や屋根のメンテナンスはとても重要です。

こうした仕事をしっかりしてくれる業者に、大切な建物を施工してほしいですね!

安さには理由があります。

薄利多売か、その場しのぎの売り方か・・・

薄利多売でも、作業を安い労務費で行うのは危険です。

良い仕事をすれば、必ず適正な代金が必要となります。

私達工務店は常に、こうした品質管理に気配りを図り

良い建物の建築に努めていかなければいけません。

良い工事をして、良い建物をつくり、適正なお代金を頂戴する。

この当たり前の事を、毎日 毎日 当たり前に続けていくことは、

とても重要な事です。 慣れる事なく継続できる事。

当社は、いつでも建築中の建物の現場見学を承っております。

完成してからでは、見えなってしまう所を

見える時期にしっかり見ておく!

品質管理の見どころを建築現場でたくさんのご説明ができます。

お気軽にご相談ください!

失敗しない住まいづくりを

共に目指しましょう!!

 

感謝

柿沢 哲次

 

 

 

記事一覧|2019年7月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ