スタッフブログ

柿澤 哲次 自己紹介へ

ダルトンさんとのオリジナル建具実現を目指して!

2020/10/20(火) 社長ブログ

楽しい住まいを創造する、エス・エイチ・スペースの柿澤です。

当社ハウスオーナーさん宅の室内を彩り

素敵なインテリアを多彩に世に送り出している

私の大好きな家具雑貨メーカーのDULTON(ダルトン)さんと

先月よりワクワクする事を取り組み始めました!!

 

それは何か!? ・・・

DULTONのオリジナル建具を作ろう!というお話です。

コンセプトは、

「ダルトンっぽい感じ」!

先日、オリジナル建具を専門に製造されているメーカーさんの工場へ

ダルトンのデザイナーさんや、幹部の方々と勉強&検討会に行ってきました。  

 

ワクワクする「ダルトンの世界観」を、実現する為の室内建具を創造すべく

今回のプロジェクトに取り組む、同志の会社の方々と協業しながら

アイデアを練り、他には無い!

オンリーワンのかっこいい建具を創り出す事が目的です。

 

独自の世界観とセンス溢れる、ダルトンの方々の話や視点は、とても刺激的です。

私は、日頃から数多くのダルトンファンであるハウスオーナーさん達と

住まいや空間づくりの話を毎日しております。

 その設計・建築業者という設計建築現場の最前線で

モノづくりに携わっている立場からの意見を

このプロジェクトにて、伝えさせていただいております。

 

例えば見た目が格好良くても、実用的でなかったり、

安全でないものは「家」には適しません。

立ち位置の違う者でありながら、同志である事で

最高のモノが創り出せると思います。

 

何を検討してきたか!? 少しだけご紹介します。

ご覧ください、この質感・・・!

 

仕上げの塗装の仕方で、艶や質感が大きく変わります。

仕上げの材料が、突板(本物の木を薄くスライスして扉に貼り付けた状態)だったり、

シート(リアルな質感、色合いにて印刷加工した製品)だったり

様々な素材で仕上げられた現物を見て検討しました。

下の写真は、仕上材のほんの一部サンプルです。

こうしたサンプルを参考に、オリジナル色を今後創り出していく予定です。

デザインについては、現在打ち合わせ中ですが、

他には無いかっこいい扉が出来ると確信しています。

 

そして、せっかくなので 工場を見学させていただきました!

建具職人さん達が、一枚一枚手作りで製作されています。

以前に大企業メーカーさんの工場を、何社か見学させていただきましたが、

基本的には機械で製作をしている現場・工程が多かったのですが、

こちらのメーカーは、手作業がとても多く驚きました。

 

大量生産では無い分、コストは高くなりますが、

やはり「人」が手造りで組み上げて行く商品は、

大量生産品には無い、特有の商品ができます。

もちろん、思い入れ度は満点です。  

オリジナルを作り上げるのは、簡単な事では無いのですが、

思いのこもった「オリジナルの建具」をダルトンさんや同志の会社さんと

製作できるのをとても楽しみにしております!

できるだけ早い時期に・・・

こうして、梱包された完成品として出来上がるのを夢見ています。

「好きこそものの上手なれ」 私が、日頃から思う事です。

努力する事は、とても大事で何をやるにしても「努力」ベースです。

そこに、好きなモノやコト

自然に楽しく 向き合えると思います。 

大好きなダルトンや、ダルトン好きな同志と、

こうして形にして行く喜びを

そして、出来上がった商品を提案する日を楽しみに、

「努力」✖︎「好き」で取り組んで行きます。

 

コロナ禍で、暗くなりがちなニュースが多いなか

ワクワクするコトを真面目にドンドン取り組んで

行くチームでありたいと思っております。

完成したら、またご報告します!

 

感謝

柿澤 哲次

 

 

 

 

記事一覧|2020年10月

ページトップへ