スタッフブログ

鮎沢 美奈子 自己紹介へ

耐震等級3”相当”って??

2020/11/26(木) スタッフブログ

この会社に入って早2年になりました、鮎沢です。

今までずっと建築畑でお仕事してきましたが、SHに入ってからのこの2年が

今までで一番、濃い2年間でした。。。

正直、ここまで真面目に、密接に、お客様と向き合って家を作りあげている会社があるなんて・・・

自画自賛と思われてしまうかもしれませんが、今私は切に感じています。

 

当社では、一般的な木造2階建(4号建築物)では提出義務のない構造計算を、

(株)LIXILのSSバリューのシステムを使って、全棟実施しています。

→Safety 地震に強いSH-Spaceの家

 

見てください、この書類の分厚さを・・・↓

  

 

一棟分で、300ページ以上になります・・・

ここまで計算して、耐震等級3と同等の耐力があると証明できるのですが、

それでも3”相当”がついてしまうのが悔しいところ。

 

耐震等級には1~3の等級があり、3が一番厳しい基準です。

その基準を受けるには、住宅性能評価機関に審査してもらう必要があるのですが、

それには、決して安くはない費用と時間がかかります。

ご希望のお客様にはお勧めしておりますが、評価書はないが性能が同等なら問題ないとの理由で

耐震等級3”相当”を選ばれるお客様がほとんどです。

 

恥ずかしながら私も、SHに入るまではこの”相当”が付くのが気になっていましたが、

今では当社の”相当”は、しっかり構造計算をした上での”相当”だと、胸を張って言えます!

その真面目さを、皆さまに知っていただけたら嬉しいな、と思います。

 

 

 

 

 

記事一覧|2020年11月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ